>

FX成功の極意は「トータルでプラス」

感情は大きな損失を生みやすい

・根拠のない売買をする
売買を行うときはきちんと根拠に基づいて行いましょう。慣れてくれば「勘」も働くようになりますが、初心者のうちに頼ると高確率で失敗します。占いに頼るのも同様です。まずは勉強して根拠に基づいた判断ができるようにしましょう。
・ルールを決めていない
FXでは、感情を排除して機械的に取引をすることを重要です。先の根拠の無い売買に繋がるところですが、感情に基づいて行う投資は大きな失敗の原因になりやすいからです。まずは何時から何時まではFXに充てる、といった簡単な時間のルールから決めていきましょう。
・損切りができていない
適宜損切りを行うのは大切なことです。損切りのルールを決めず「あと少し待てば回復するかもしれない」と感情に流されると更に損失が大きくなってしまうのはありがちな失敗です。

知識不足はこれから補う

・ロストカットラインを把握していない
証拠金維持率が一定以下になると強制的に決済が行われ、損失を確定する仕組みを「ロストカット」と言います。証拠金以上の損失を生まない重要なシステムですが、このロストカットが行われる証拠金維持率の下限(ロストカットライン)はFX会社によって異なるので、自分が取引している会社のロストカットラインを把握し、余裕を持った取引をすることが重要になります。
・相場の変動が活発になる時間を把握していない
相場の動きが活発になるのは、市場がオープンするタイミングです。相場が活発に動けば利益獲得のチャンスや損失が生まれる可能性が高くなります。自分が扱っている通貨のゴールデンタイムはきちんと把握しておきましょう。


この記事をシェアする