探偵社と興信所に関する総合情報サイト

探偵社と興信所は具体的にどんな違いがあるの?

探偵社と興信所の業務はどう違うのか

普段、ドラマや小説の中で出てくる探偵社と、結婚にあたって話題にのぼることもある興信所。
この二つには、どのような違いがあるのでしょうか。
両方とも、調査を行うことには変わりありません。
また、管轄は都道府県の公安委員会で、規制する法律も「探偵業の業務の適正化に関する法律」と同一の法律になっています。
しかし、両者の成り立ちをさかのぼってみると、そこには大きな違いがあります。

探偵業の発祥は、戦前に元刑事が始めた身辺調査業だとされています。
創始者が元刑事ですので、調査には警察の捜査手法が多く用いられます。
基本的に、個人ないし少数の調査員で営んでいる場合がほとんどです。

一方、興信所の発祥はより古く、明治維新までさかのぼるとされています。
商工業が盛んになるにつれて、他社の信用調査をする需要がでてきたことから、信用調査会社として興信所が設立されました。
探偵社と比べると、比較的大きい規模の事務所を構えていることが特徴です。

これらの成り立ちは、業務や調査手法の違いとなって影響を及ぼすことになります。
現代では、業者の乱立やさらに大きな需要の取り込みを狙うことにより、両者が業務の相互乗り入れをして、大きな事務所を構えるケースも見られるようになりました。
そのため、現代では違いが見えにくくなっています。
しかし、伝統的な由来によって、探偵社と興信所には得意分野の違いも見られるようです。
では、具体的に何が違うのか、以下のページで解説していきます。

TOPへ戻る