FX成功の極意は「トータルでプラス」

FXで大きな利益を得ようとするならば、それ相応のリスクを覚悟しなければなりません。対策をするために、まずは他の人の「失敗」を知りましょう。失敗例を知れば、それを防ぐための対策をしやすくなるからです。損失が出る可能性を常に考え、失敗を防ぎましょう。

初心者にありがちな失敗

FXは「Foreign Exchange」の略で、本来は「外国為替取引」の意です。しかし最近では「外国為替証拠金取引」を指す言葉として定着してきています。取引を「証拠金」で行うか否かが「外国為替取引」との違いです。「証拠金」は取引相手に預ける担保金のようなもので、これによりFXは総取引額の数パーセントの資金で取引をすることができます。というのも、FXは将来的に決済が約束されている「差金決済」という方法を採用していて、損益の受け渡しのみで取引をしているのです。1万円の損失が出れば証拠金から1万円が引かれ、逆に利益が出ればその分が証拠金に加算されます。こうして増やした証拠金でまた売買を行っていくのがFXです。
FXにおいて大切なことは、ただひたすら利益を求めることではなく、損失を防ぐための対策を講じることだと言われています。リスク無くして利益無し、大きな利益を狙えばそれだけ損失が出るリスクは上がります。利益を求めるならば、リスクを想定して対策しなければならないのです。FXは「トータルでプラス」を意識することが大切です。
取引の体験ができるアプリなどもあるので、まずは感覚を掴むのに一度試してみるのも良いと思います。
アプリではなく実際に資金を投入して取引をする時にはFX会社で口座を開設する必要があります。国内には50社を超えるFX会社がありますが、どの会社を選ぶのが良いのでしょうか。
今回の記事では、これからFXを始める方に向けて会社の選び方を解説していきます。

FX会社の選び方・チェックポイント

FXで失敗しないためには、自分に合った会社を見つけるのが大切です。各会社には個性があります。初心者向けに勉強できるコンテンツが豊富な会社もあれば、上級者向けに高機能ツールを備えた会社もあります。UIも各社違うので、使いやすいのが肝心です。自分の力量・好みに合わせて選びましょう。

初心者にオススメのFX会社

FXで失敗しないためには自分に合った会社を見つけるのが大切、とお伝えしました。ですが、50社超を一つひとつ見ていくわけにはいきませんよね。そこで最後に、初心者にオススメのFX会社をご紹介します。それぞれ強みがありますので、自分に合ったところがきっと見つかるはずです。